どれがおすすめ?自分に合った歯科矯正を探そう!

>

発音障害や違和感なく矯正出来る

衛生的で不快感が少ない

ブラケットを使わないマウスピース矯正は、患者自身で取り外しが出来るので食事中や就寝時に外す事が出来ます。自由に洗浄や手入れが出来るのも特徴で、口臭や虫歯、衛生面が気になる方にもぴったりの歯科矯正です。
マウスピースは透明で薄いので周りに気付かれにくいので、周りにバレずに歯科矯正が出来ます。従来のブラケットのデメリットである発音障害や、矯正特有の不快感が軽減されているので気軽に歯科矯正を受けられると言えます。
費用に関しても80万円前後ですのでリーズナブルですし、期間も1~2年なので長い時間をかける必要もありません。ライトな価格、負担が少ない事から、様々な層から支持されている歯科矯正といってもよいでしょう。

人を選ぶ歯科矯正

一見デメリットが少ないように見えるマウスピース矯正ですが、全ての方が施術を受けられる訳ではないのです。
マウスピースはオーダーメイドですがブラケットよりも効果は薄く、不正咬合治療の状態によっては効果が見られない可能性があります。要は軽度の歯並び矯正なら可能ですが、不具合症状が出るような深刻な矯正に関しては対応出来ないといえます。多くの不正咬合治療に対応している表側矯正に比べると限定的ですし、指定された装着時間を守らないと、治療の結果に影響に及ぼす事もあります。
気軽に出来る反面、シーンによって外してしまう方もいるので、いつまで経っても歯科矯正が終わらないというデメリットもあるので、気をつけたいところです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る